暮しの事

「そうなんですよ。然しまあ、暮しの事はいまどき誰にしろ苦しいんだから、それは言わないとしてもだ、仕事の内容を考えると、當分もう駄目だな。確かに日本は亡びた。もうどうしようもない。少くともこれから先五十年や百年はどうにも處置ない。そういう氣がする。日本人を相手にして日本人の事を書いていると、どうしても...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:47 pm  

私は「書齋の徒」だ

 というのはすぐその次の日の早朝、國友大助がヒョッコリ私の前に現われたのである。

        22[#「22」は縦中横]

 氣がついて見ると、私は人が訪ねて來たことばかり書いている。曲《きよく》の無い話だと思うが、事實だから仕方が無い。私は「書齋の徒」だ。外に出れば、ただ裏町や場末や山野をウ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:46 pm  

黒田組と束京のゴロツキ連中

「あそうか。………そうです。もつとも船にはもう居ないようで、又ほかへ移つたらしいですがね」「ぜんたいそんなにしていなきやならないなんて、どういうのかね?」「黒田組と束京のゴロツキ連中……そいつらと黒田組の間で取引きの事でゴタゴタがあつたらしいんですがね、そん中に貴島がまきこまれていて、と言つても...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:45 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0117 sec.

http://thebuilderschurch.org/