あの若いもん

「…………」彼は私の顏をちらつと見るや詫びるような笑顏をして見せた。このような男の神經のす速さ。「いや、すみません。そういうつもりじやあ無いんです。氣を惡くなさらないで」「君は僕の古くからの知り合いだ。貴島のありかを僕が知つていれば、ありのままに君に言いますよ。まして、この家に貴島君が居るんだつた...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:48 pm  

佐々の話の内容

「そりや知つていますがね。………横濱へんに今居るらしい事も知つていますが、ハッキリわからない。一度是非會いたいんですが」「…………さあ僕もよく知らないんだ」 佐々の話の内容がパッパッと私の頭に閃いて來た。「もし御存じなら教えてほしいんですがね」「いやほんとに知らない」「そうですか………」と...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:48 pm  

暮しの事

「そうなんですよ。然しまあ、暮しの事はいまどき誰にしろ苦しいんだから、それは言わないとしてもだ、仕事の内容を考えると、當分もう駄目だな。確かに日本は亡びた。もうどうしようもない。少くともこれから先五十年や百年はどうにも處置ない。そういう氣がする。日本人を相手にして日本人の事を書いていると、どうしても...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:47 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0109 sec.

http://thebuilderschurch.org/