怒りに燃えた、刺すような聲

 僕は口の中で言つたのです。すると、ルリさんが僕を睨みつけながら、喰いしばつた齒の間から、「き、き、き!」と言いました。貴島と僕の名を言うつもりなのか、昂奮し怒つたあまりの齒がみの音なのか、わかりませんでした。僕は彼女の眼にいすくめられて頭を垂れました。暫く時間がたちました。「なぜ、なぜ、こんな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:39 pm  

まつくらな燒跡の向うに

「いえ、もう直ぐ。そら、灯が見えるわ。あれよ!」と言つて、あいている方の手で、まつくらな燒跡の向うにポツンポツンとついている燈火を指しました。「もう此處まで來れば、歸つてくだすつてもよろしいわ。ありがとう存じました」 その時僕はギクンとしたのです。此處でこのままこの人と別れる。別れれば、もうこれつ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:37 pm  

いじめられているような氣がしました

 僕は壓倒されるような氣がしました。なにか、いじめられているような氣がしました。すこし息苦しくセツないような感じでした。後から思うと、その時に、僕はルリさんに、引きつけられてしまつたらしいのです。しかしその時にはあの人からいじめられているよう氣がしたのです。僕は、小學校の二年か三年の時分、遠い親戚の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0319 sec.

http://thebuilderschurch.org/